12月, 2009 | 時有人社
時有人社 > 2009年 > 12月

「関西のポテンシャル」発刊

001213 清水宏一笑う共著した「関西のポテンシャル」が発刊されました。091202 関西のポテンシャル

090110 関西の観光戦略

関西のポテンシャルー伝統文化と成長エンジンー

第1章 関西からの情報発信-大いなる和 大和 山川薫  第2章 パネルベイ-関西経済の成長エンジン 竹田忍  第3章 大学から関西がかわる 稲庭篤  第4章 文化による観光開発の方策と経済効果 清水宏一   第5章 危機に瀕する大阪都市圏と大阪市政 岡本篤佳  第6章 伝統産業の新たな発展をめざして-京都府における総合的支援施策の推進 田中準一  第7章 都市・地域の視角から-兵庫県の「地域力」と地方分権 中村稔   第8章 マスタープランからみた神戸の都市づくりの変遷 本荘雄一  第9章 神戸市長田区の挑戦-市民がはじめた音楽による街づくり 日野孝雄                         
出版社名晃洋書房
発行年月2009年12月
ページ数/版型257ページ/22cm
ISBNコード978-4-7710-2091-7(4-7710-2091-4)

関西活性化研究会

なお、本書について後日、NIKKEINETに次のような書評が掲載されました。関西経済を関西の視点から見直す2冊~「シリーズ関西の創造」の「第1巻 関西のポテンシャル」「第2巻 自立する関西へ」 京都大学経営管理大学院の主催で2007年から続いている「関西活性化研究会」に参加した関西の大学、行政、メディアの面々が展開する自由にして大胆な関西経済論。何事でも自虐的に話してみせる関西人の性癖を、関西在住者以外は額面通りに受け取り、現実よりもずっとネガティブなイメージを抱きがちだ。実態はさにあらず。関西の実力を経済、学術、観光、文化など様々な角度から論じ、道州制の必要性や展望にも言及している。京都が観光で日本中の他地域を圧倒して一人勝ちを続けている理由や、関西が太陽電池やリチウムイオン電池、省エネルギー家電の薄型テレビなど環境エネルギー産業の一大集積地「パネルベイ」を形成している現状などを詳述している。関西人のポジションから関西を解剖し、「阪神タイガース」「お笑い」「たこ焼き」以外の実像を世に問うのが本書の狙い。オール関西を株式に見立てたならば「売り」か「買い」か。筆者たちは「買い」を推奨しているようである。(し)

トラベルジャーナル誌に「トラベル懇話会」での講演記事

2009年12月7日号の月刊トラベルジャーナル誌に、11月6日に「トラベル懇話会」(グランドプリンスホテル赤坂)で行った講演の様子が掲載されました。

「観光客5000万人構想」と京都観光

「観光客5000万人構想」と京都観光清水宏一(㈱時有人社)

 

清水宏一(㈱時有人社代表取締役)
清水宏一(㈱時有人社代表取締役)

「京都はいうまでもなく日本を代表する観光地のひとつだ。しかし、京都といえども労せずして数多くの観光客を獲得しているわけではない。京都市では入込客数がまだ4000万人だった2000年に「観光客5000万人構想」を立ち上げ、さまざまな取り組みの結果、目標より2年早い08年に5000万人を達成した。この構想の生みの親の一人である清水宏一氏が、観光客誘致戦略の極意を語った。」