11月, 2008 | 時有人社
時有人社 > 2008年 > 11月

奈良県のトップセールスに同行して、中国各地を回りました。

西安城の城壁に立つ

西安城の城壁に立つ

トップセールスの内容

1 日時   2008年11月17日(月)~11月23日(日)

2 場所   中国(北京、西安、桂林、上海)

3 内容   奈良県知事トップセールス・プロモーション

081117  北京・西安

4 主たる同行者  

山崎隆一郎(前特命全権大使・奈良県特別顧問)

岩村敬(前国土交通省次官、東京大学大学院特認教授)

平野忠邦(関西国際空港㈱副社長)

各務正人(国土交通省近畿運輸局長)

本田勇一郎(世界観光機関アジア太平洋センター代表)

栗山道義(三井住友カード㈱顧問・奈良県政策顧問)

神田加津代(県会副議長)以下県議会議員3人

   その他、各自治体、観光団体代表者  全49人

5 出張の目的

 ① 中国政府、自治体関係者、旅行業者への奈良観光の魅力紹介と交流推進

 ② 中国人観光客の旅行指向とインバウンド誘致

 ③ 中国経済の現状視察

6 出張の成果

 ① 中国各地の自治体関係者や旅行業者徒の交流が出来たこと

 ② 奈良県の上層部や観光セクション、観光業界とのパイプができたこと

 ③ 中国人の観光や結婚、生活文化の実体を確かめられたこと

7 感想

 ① 今回の経済変動で少し鈍ったとはいえ、中国の発展はすばらしく、都市インフラが整備され、経済発展の土台が強固になっている

 ② 「中産階級」が増え、「余暇の創出」が著しく、ライフスタイルが大きく変化して、人々の欲求が、住宅からマイカー、次は海外旅行へとグレードアップしている

 ③ 一人っ子政策の影響で、両親が子供にかける期待が大きく、特に他家へと嫁ぐ娘への愛情は強烈で、結婚式にお金をかけ、アルバムには特に執着する

兵馬俑の横に立つ荒井知事と
兵馬俑の横に立つ荒井知事と

P1000284